BORZOI

愛犬ボルゾイ・バブーンの写真を通して、愛・命の尊さ・喜び・哀愁・驚き・笑いなど・・・伝えられるのか? 

 

posted by (C)かなえ

 

■ カレンダー
2009 << prev 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 next >>

■ カテゴリー
BORZOI (736) 裏・BORZOI (227) 裏・BORZOI・NIGHT (24) BORZOI & 裏・BORZOI (4) DOG (42) BORZOI & DOG (3) CAPP (15) DIARY (70) MOVIE (5) その他 (2) 

■ 過去ログ
2010/11 (3) 2010/09 (1) 2010/08 (4) 2010/07 (3) 2010/06 (5) 2010/05 (13) 2010/04 (11) 2010/03 (6) 2010/02 (8) 2010/01 (10) 2009/12 (9) 2009/11 (28) 2009/10 (25) 2009/09 (28) 2009/08 (14) 2009/07 (15) 2009/06 (15) 2009/05 (15) 2009/04 (14) 2009/03 (12) 2009/02 (14) 2009/01 (13) 2008/12 (16) 2008/11 (23) 2008/10 (26) 2008/09 (20) 2008/08 (28) 2008/07 (28) 2008/06 (25) 2008/05 (29) 2008/04 (27) 2008/03 (30) 2008/02 (20) 2008/01 (21) 2007/12 (16) 2007/11 (44) 2007/10 (44) 2007/09 (59) 2007/08 (29) 2007/07 (31) 2007/06 (31) 2007/05 (59) 2007/04 (58) 2007/03 (40) 2007/02 (28) 2007/01 (28) 2006/12 (32) 2006/11 (30) 2006/10 (33) 2006/09 (7) 

■ 『 BORZOI 』からのお知らせ・・・コチラ   ■ リンク集・・・コチラ   ■ 御バブ様壁紙ダウンロード・・・コチラ

 



■ --/--/スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/25/BORZOI久々に御バブ様。

 

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

さて。

宮崎にはふるさと納税やら募金やら義援金やらがたくさん集まってるようです。

世間の多くの方々は宮崎の事にとても心を痛めてらっしゃるようです。

日本も捨てたもんじゃないな。



ワタクシも遅ればせながら、宮崎県へのふるさと納税を申請中で御座います。

ネットで、しかも誰でも持ってるであろうVISA、MasterCardで納税できるという優れもので御座います。

ワタクシのお小遣いの範囲内なのでちょっとだけですが、力になればと思います。



気になる方はこちらから是非に↓

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/furusato/

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね






スポンサーサイト


■ 05/20/DIARY現場の声。


口蹄疫、半径10キロ以内の全頭殺処分へ  ←日テレNEWSへ


↓ 以下全文 ↓


宮崎県で発生した家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の感染拡大を防ぐため、政府は19日、発生地から半径10キロ以内のすべての牛や豚を殺処分することを決めた。

 政府は19日、口蹄疫対策本部の会合を開き、口蹄疫の感染の有無にかかわらず、発生地から半径10キロ以内の牛や豚すべてにワクチンを投与して感染を遅らせた上で、順次、殺処分することを決めた。

対象となる家畜は約20万5000頭に上る。

農水省は、早ければ今週末にもワクチン投与を始めたい考え。

 また、10キロから20キロ以内の牛や豚約3万1000頭については、農家に対して速やかに出荷するよう呼びかけた。

安全なうちに出荷することで、10キロから20キロ圏内にいる牛や豚の数を減らし、感染の拡大を防ぐ狙い。

出荷を早めることで農家が受ける損失については、政府が支援するという。



↑ なんて事だ・・・。

こんな選択肢しか残らないような状況なんて・・・酷すぎる。






以下、とある畜産農家の方の声です。

転載許可を頂いたので紹介します。



畜産農家を、遠くから言葉でいじめるのは辞めて欲しい。

お前らのせいだとか、犯人扱いするのは、本気で辞めて欲しい

誰だって、一人としてなりたくてなった現実ではないのだから。。。

皆さんと同じ、家庭を持ち幸せに暮らしていた人達なのですから。



殺処分の様子は、本当に地獄絵図のようだった。



獣医さん達が来て、一頭一頭、注射で眠らせてその後に、さらに注射で安楽死させると思っていた。

この養豚農場には、人間よりも大きな母豚が数百頭、青年豚がさらに多く、子豚が数千頭



口蹄疫の症状の出ていないまだ元気な豚もたくさん居る




「 何十人と獣医師が来たけどよ。

かき集められた経験の浅い獣医師たちは、母豚を怖がってまともに注射も打てんちゃが

急所は首筋の血管なのによ、柵の外から身を乗り出して、お尻に打とうとするわ、バカじゃねーか!

豚だって生きちょっし痛いから、ひょいとお尻を動かして逃げるわな。

しょうがねーかいよ、俺が柵に入って豚の首をガシって押さえつけてやる始末。

危険やっちゃけど仕方ないわ


首筋に注射を打つやり方を教えたっちゃけど、ダメじゃわ・・・

もう、豚の首は、突き刺した注射のあとだらけ、痛々しいわ。

豚はギャーギャー暴れるわ



ちくしょーーちくしょーーー!もっと安らかに死なせてやってくれよ。



獣医師の免許をもっちょる奴しか、殺したらいかんかいよ。手がだせん・・・

かわいそうでよ


もちろん、ベテランの奴は上手いし、早くてよ関心するんよ。


でもな、みんな目に涙を浮かべながらも作業してくれてるし、手を合わせてくれる人もいる。


命を救うための獣医師がよ。

今まで、命を助けるために、動物に声をかけ、一生懸命働いてきた獣医師がよ・・・

この注射を打ったら、こいつが死ぬって分かりながら、注射を打ちこむんよ。

そりゃあ、人としてつらいし、心が痛いわなぁ。歯を食いしばるしかないのかよ!



俺はさ、もともと出荷のための豚なら、なんとかあきらめがつくんよ。

出荷だと思えばいいちゃかい。

でも、母豚はよ。俺がこの農場に努めだしてからずっと面倒見てきたっと、性格もよく分かる。

顔見りゃ名前も、出産した回数も、病気した時、エサを腹いっぱい食って喜んだ時。

悪ん坊や、甘えん坊、気性の荒い奴、優しい奴、み~んな分かる。

共に生活してきた家族やっちゃかい。


口蹄疫に感染してしまって痛々しい症状が出てる奴は、鼻や口の水疱が破けて痛いもんやからエサが食えんなっちょる。

それでも腹はへるかい、えさを探すわな。

豚は鼻が命じゃ。

人間で言う手のようなもんで物を探るのは鼻で探るんよ。

痛いやろうに・・・

まともにエサが食えんかい。

今日まで俺が食べさせてやってた。



鼻も口元も、蹄も乳首も痛々しいのに、俺を見つめる目はやさしくてよ。

なんだか、向こうがごめんよ~言ってるみたいや。

ありがとう言ってるのかなぁ(T-T)


注射打たれる姿に耐えられんで離れたところから見てたら、獣医師の腕をふりほどいて、こっちに走ってくっとよ。

ひずめが炎症起こして血を流してるもんは、痛いから立ち上がれんでずっと横になってギャーギャー言ってる。

でも、立ち上がらせて殺処分するところまで連れて行かんと、重いかいよ。

まず鎮痛剤打つっちゃわ。

したら、痛みが取れるもんじゃかい。

ひょいっと立ち上がる。

でも蹄からも血が出て、腐りよっかい


蹄が取れていくとど・・・赤くなった蹄だけが地面に転がってるんやど・・・

それでも、蹄が無くなった足で、俺の所に駆け寄ってくる



はやくなんとかしちゃれよーーーー!(T-T)




ある程度の大きさの奴は、電気で殺すっちゃわぁ

でっかい火ばさみみたいな物で、まず頭を挟んでな、スイッチを入れると高圧電流が流れ、失神する。

そしてそのあとに、胸の所を挟んで、心臓に電流を流すとガタガタガタとしびれて心臓を止めて殺すとど・・・かわいそうやんけ。

さっきまで、元気で、震えて泣きよったやつが。

突然静かに死体となるんよ。


たださ、時々、その動かなくなった豚を運んでたり、穴の中に落とした時に、生き返って動き出すやつがおるんよ。

気絶してただけなんやろうな。

哀れでなぁ、また殺さにゃいかん・・・。




まだまだ元気な奴らはさ、どんどん穴ん中に落としていく、みんなで板を使って追いやって穴に落としていく。

一番下に落とされた豚たちは、熱と重さで圧死ししていくけどよ。

後から後から落とされた豚は、どんどんジャンプして穴から必死に飛び出ようとするんよ。

その生きようとする動物の必死さにまた泣けてくっちゃがぁ(TへT)



その上からブルーシートをかぶせてよ、コンパネの板を上において、飛び出してこんように、俺たち人間が上に乗るっちゃわぁ・・・

それでん、下から・・ドンっ!ドンっ!て必死にぶつかってくっとよ。


ブルーシートの隙間からホースを入れて、中にガスを流し込むんよ・・・

すると、だんだん静かになってきてよ、しばらくするとシーンとなるんよ(T-T)



ちくしょーーーーーーー!



作業員達があちこちで、殺処分をしていってる

地獄を描いてる絵があるわぁ。

鬼が人間をいたぶっている絵よ。

あのまんまって感じ(*_*)


豚舎の中が、ギャーギャーって今まで聞いた事もないような泣き声があちこちから聞こえるかいよ。

赤ちゃん子豚が不安な様子でジッとしちょっちゃわ。


病気に感染した奴は、蹄から血を流して痛いし、おっぱいが飲めんかい コロっコロっ死んでいく。


それでも、豚舎が違ってたりで感染していない元気な奴もいっぱいおる。


敷地が一緒やかいて、経営者が一緒だってだけで


殺さにゃいかんとか・・・


本当に、この子達も殺さにゃいかんとか!


・・・


周りの異常な雰囲気を感じちょっちゃろうね

ひょいっと両手で掴み上げるわ

すると、身体をグッと堅くして、不安げに身体をブルブル震えてるのが手のひらから伝わってくるとよ。


ごめんなぁ、ごめんなぁ。

俺が泣き出してよぉ


その身体に注射針が刺されて、静かに、ぐったりと手の中で重みだけを感じる物体になる

さっきまで硬かった子豚の力が抜けて、何の力も入らない柔らかい物になるんよ。




もうどんだけの涙が流れ出たかわからん



あと、残ってた豚舎は、ウィンドレスの豚舎じゃかい・・・


せめて、安らかにと思うてかいよ

帰ってくる時・・・空気を送り込むファンのスイッチを切ってきた。




家に帰ってよ。風呂に入ってよ。飯はよう食わんかい。

焼酎飲みながらテレビをみてるとよ

俺・・・いつのまにかボロボロボロ泣いてるっちゃわ




今頃、眠るように死んでってるんだろうなぁ・・・・。





お前よ。

豚は言葉がしゃべれんけんどよ。

もしもよ、お前の子供をよ、「なんで?」って言われながらよ。

国からの指示やかい言うて・・・大好きなのに・・・手の中で殺せるか。」






まだ、口蹄疫の感染拡大は収まらない

今もまだ、毎日毎日、牛や豚が殺処分されていく

そして全ての農家で、こんな味わいたくもない体験を味わってる

なぜ、農場主や従業員が、中に入って一緒に処分しないといけないのか


せめて、優秀な獣医師や、テキパキ動ける自衛隊員をもっともっと送り込んでくれよ!_| ̄|○(泣)



地獄絵図と書いたが、中にいたのは鬼なんかじゃなく、愛情に溢れた人々でした。

全国にはたくさんの農家がある。

あまり消費者の目に届くことはないところで、私たちが安心して安全なものを食べていけるよう精魂込めて接してきている人達がいる。

私たちは彼らなしには美味しいものを食べることが出来ないのである。

農家の方々の愛情をいただいて生かされているようなもんなんです。





今朝までで、126軒、11万4177頭の生き物の殺処分が言い渡された。

あなたの町には、何人の子どもが住んでいますか?



これ以上の被害農家を出さないためにも、今、元気で生きている牛や豚の為にも

自分自身で意識を高くして、「防疫・消毒」にご協力ください!!!m(_ _)m





↑ この声が多くの人に届きますように。



『かわいそうだけど自分には関係ない出来事だ』

と思わないで!



同じ日本で起こってる問題にどうか関心を持ってください。

一緒に考えてください。

周りの人に伝えてください。

お願いします!




以上!

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/19/DIARY口蹄疫のワクチン投与について調べてみた。

口蹄疫、ワクチン投与などを検討~農水相 ← 日テレNEWSへ


↓ 以下全文 ↓

 宮崎県で発生している家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の感染について、赤松農水相は18日朝の記者会見で、新たな対策について、法律や時間的な問題があるとして慎重な姿勢を示しながらも、感染の有無にかかわらず、一定地域の牛をすべて殺処分することや、ワクチン投与による予防を専門家による委員会で検討していると述べた。

また、新たに新富町の農場でも感染の疑いがある牛が見つかり、殺処分の対象となる家畜は計約11万4000頭となった。





日本獣医学会  ← ココからワクチンを接種する事の問題点を、以下抜粋↓


(1)口蹄疫ウイルスには前に述べたように、7つの血清型があり、さらに多くのサブタイプがあるため、ワクチンは流行株に適合しなければ効果がありません。

時折、これまでのワクチンが効果を示さない新しいタイプのウイルスが出現することがあります。

流行株に合致しないとワクチン効果が期待できない点はインフルエンザの場合と同様です。

(2)ワクチン接種した動物でも感染することがあります。

その際には症状はほとんど出ませんが、動物はキャリアーになってウイルスを放出してほかの健康な動物に感染を広げることがあります。

(3)不活化が不十分でウイルスがワクチンの中に生き残ってしまうことがあります。

現実に1980年代にヨーロッパでこの事態が起きて、それ以来、ヨーロッパでは口蹄疫ワクチンの使用は完全に中止されました。

ただし、現在の品質管理システムでは、このような事態が起こることはないと考えられます。

(4)もっとも重要な点は自然感染とワクチン接種の区別ができないことです。

そのため、血清調査による、口蹄疫清浄国の判定ができなくなります。




↑なるほどね。



簡単に簡単に言うとですね。

口蹄疫には7つのタイプがあって、ワクチンは流行株に適合しなければ効果がない。

ワクチン接種した動物でも感染することがあり、症状はほとんど出ずキャリアになってウイルスを放出し続け、感染を広げてしまう事がある。

自然感染とワクチン接種の区別ができず、血清調査による口蹄疫清浄国の判定ができなくなる。

という事が問題なのですな。




↓ 以下ウィキから。


口蹄疫ワクチンは存在するが、基本的に使用しない。その理由は

1・感染の診断が不可能になるので、その後の予防が著しく困難になる。

また、感染した動物と抗体の区別がつかないので、ワクチンが投与された個体が生きている間は、輸出相手国が輸入再開の許可を出さないケースが多く、産業への長期的打撃が大きい。


2・100%の効果がないので、感染源になったり偽の安心を生む。

現在あるワクチンは有効期間が6ヶ月で、ひとつの型にしか効かない。

新たに感染した場合、排除するのではなくキャリアとなり危険である。


3・日本での使用例がなく不安である


4・日本にきちんとした在庫がない(輸入はできる)


5・ワクチン接種された動物は食品に使えない


6・接種範囲の決定が困難である


7・ワクチン接種、診断、殺処分の3つの業務ができるのは獣医師だけであり、流行期に過重な負担となり、実行不可能に近い


などである。

相当程度流行した場合は、考慮と議論の対象になり、法整備がされ少量の備蓄があるので利用可能である。

鳥インフルエンザでは中華人民共和国(中国)でのワクチン使用により中国国内での制圧が困難になった。

鳥インフルエンザの一部の流行の起源が未承認の外国産ワクチン接種である可能性がある。





↑ワクチン接種は非常に難しい問題ですな。

だから『殺処分』という方法がとられているわけですな。

素人はワクチン打てばいいじゃない?と思いがちですが、安易なワクチン投与はヤバイですよ・・・。

下手こいたらものすごい国益を損ないますよ。

今でさえもの凄い損失なのに・・・。





なんか調べれば調べるほど絶望感に襲われる。

調べれば調べるほど、民主党の無能さに絶望する。

そう思うのはあたしだけか??

どうしたらええの?



なんでこんな恐ろしい病気をこんなに拡散するまで民主党は放置したんだ??

ちょっと、ホンマに、マジでヤバイ・・・。


以上!

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/12/DIARYこうていえき。

口蹄疫・・・ご存知ですか。



口蹄疫対策本部は30日、宮崎県で感染が確認された

口蹄疫対策をまとめ、同日、舟山康江農林水産大臣政務官と 松井孝治内閣官房副長官にそれぞれ申し入れを行った。

同対策は、 同本部長を務める谷垣禎一総裁らによる現地視察を踏まえてまとめられたもので、 防疫対策など42項目が盛り込まれている。

同本部事務局長の 宮腰光寛農林部会長は記者会見で

「政府の初動態勢の遅れが原因で現場が混乱している。

防疫に努めている現地関係者の体力も限界にきている。

また、口蹄疫の封じ込めに全力を注がなくてはならないときに、 農水大臣は外遊に出ている。

自民党政権時代にはありえない話だ」

と述べた。

30日までに口蹄疫感染の疑いのある事例は12例確認されており、 豚やヤギなど他の動物への感染や、他県への拡大の可能性も強まっている。

http://www.jimin.jp/jimin/daily/10_04/30/220430b.shtml








野党、自民党の対応↓

(自民党) 口蹄疫対策本部記者会見(2010.4.30)




与党の民主党ではなく、野党である自民党が対策本部を立ち上げてるんですね・・・。

与党の民主党はなんなんですか??



会見をしてる人たちの焦りが見えます。

素人でさえ非常事態だとすぐにわかります。

なのに、記者の人数の少ない事!!

日本のマスコミはどうなってんだ?

 


↓以下某SNSサイトからコピペ↓


政府の口蹄疫感染対策

4/20  宮崎県で10年ぶりに口蹄疫感染確認。農水省、日本産牛肉輸出全面停止

 政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部設置

 赤松農水相、宮崎選出の外山いつきから消毒液が足らない報告を受ける


4/21  政府から指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬は現地の組合が用意したが不足


4/22 農林水産副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」


4/25  殺処分の対象が1000頭を突破、過去100年間で最多を記録


4/27  東国原知事、赤松農水相や谷垣自民党総裁に支援要請


4/28 国内初の「豚」への感染疑いを確認

 約70km離れた宮崎県えびの市からも感染が疑われる牛を確認。移動・搬出の制限区域を鹿児島県の一部にも拡大
 
自民党口蹄疫対策本部長の谷垣総裁、現場視察


4/29  農林水産副大臣が宮崎県出張。現場には入らず生産者への面会もなし。27日に知事が上京した時にした話を再び聞く


4/30  自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目の対策要請を申し入れ
 
対応を予定していた鳩山総理・赤松農水相は当日になって予定をドタキャン

 夕刻、赤松農水相、南米へ外遊

 自民党、政府に6日7日の委員会開会を要求。政府は拒否

 民主仕分け組:口蹄疫により被害を受けた畜産農家に融資を行う中央畜産会を仕分け

 自民党口蹄疫対策本部、党本部で記者会見
 
「10年前の感染の際はただちに100億の予算が確保され対策がなされた」

 「ところがこの段階になっても国から宮崎県には一箱も消毒薬が支給されていない」
 
「この状況で農水大臣が外遊するとは自民政権時代からすれば前代未聞」

 「国からは消毒液一箱も届かず。国があたかも配ったように報道されているが、まったくの誤報」


5/1  宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。家畜の殺処分は8000頭超へ

 総理、熊本県水俣慰霊式に出席。宮崎はスルー


5/21 例目のウイルスがアジア地域で確認されているものと近縁であることを確認


5/3  宮崎県、感染17例目確認 殺処分9000頭突破


5/4  宮崎県、感染19例目確認 殺処分27000頭突破

 総理、普天間問題で沖縄訪問。宮崎はスルー

 舟山農林水産大臣政務官、デンマークに出張






口蹄疫が宮崎県で確認されたのは先月30日。

赤松農水相が宮崎入りしたのはなんと今月10日。

その間与党である民主党は宮崎県を放置ですよ、放置!

民主党には危機感というものが無いらしい・・・。

そして現在。

殺処分対象はドンドン増え続け7万7千頭まで達しているもよう。

宮崎県は今、大変な事になってます。

現場の方々を思うと、民主党の行動の遅さには怒り爆発です。





↓以下某SNSサイトからコピペ↓


口蹄疫が日本で大流行すると、どう困るの?

・牛肉・豚肉価格が上昇します。

・乳製品価格(牛乳・バター・チーズ・ヨーグルト等)が上昇します。

・食肉と乳製品の価格上昇により多くの加工食品の値段が上昇します。

・ブランド牛が消滅します。なお、宮崎ブランドで無くても種牛は宮崎にしかいない場合があります。

・国内畜産関係者は事実上廃業に追い込まれます。この保障や大量失業による国家財政の圧迫が懸念されます。
 
・畜産加工業者や流通なども肉がなくなるため経済的に大打撃を受けます。

・感染拡大を恐れた他国が日本輸出品の輸入禁止措置を取る可能性があります。

・感染拡大を恐れた他国が日本人渡航禁止措置を取る可能性があります。

・感染拡大を恐れた他国が日本への渡航禁止措置を取る可能性があります。(アメリカ・欧州諸国・オーストラリア等、畜産物輸出国家はこの対応を取る可能性が高い)

・これらの処置により、日本は経済的に孤立する可能性があります。



口蹄疫問題の正体

↑もっと詳しく知りたい方はこちらへ。

これはホントにヤバイです。

宮崎をどうにか助けてあげて!!

そして、日本中に飛び火しない事を祈ります。



以上!

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/11/BORZOI & DOG奥津湖犬オフ・・・2。

 

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/09/BORZOI奥津湖犬オフ・・・1。

 



5月2日、恒例の奥津湖犬オフ行ってきました。

携帯で撮ってます。

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/07/BORZOIわっしょい。

 

御バブ様とタイトルは関係なし。

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/06/裏・BORZOICrystal Emblem・・・4。

 

ドラムのあきらさん。

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/05/裏・BORZOICrystal Emblem・・・3。

 

ボーカルのジョージ。

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/04/BORZOIびよよよーん。

 

御バブ様は跳んだりもするのです。

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/03/裏・BORZOICrystal Emblem・・・2。

 

ベースのSamuさん。

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/02/裏・BORZOICrystal Emblem・・・1。

 

ワタクシが仲良くさせてもらってるCrystal Emblem。

ギターのToshiさん。

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 05/01/BORZOI走る御バブ様。

 

御バブ様は寝てるだけではないのです。

こうして走ったりもするのです。

EOS Kiss X & TAMRON  AF 18-250mm F3.5-6.3 LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね









 

 

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

 

    1日1回クリックしてね

ページビューランキング