BORZOI

愛犬ボルゾイ・バブーンの写真を通して、愛・命の尊さ・喜び・哀愁・驚き・笑いなど・・・伝えられるのか? 

 

posted by (C)かなえ

 

■ カレンダー
2009 << prev 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 next >>

■ カテゴリー
BORZOI (736) 裏・BORZOI (227) 裏・BORZOI・NIGHT (24) BORZOI & 裏・BORZOI (4) DOG (42) BORZOI & DOG (3) CAPP (15) DIARY (70) MOVIE (5) その他 (2) 

■ 過去ログ
2010/11 (3) 2010/09 (1) 2010/08 (4) 2010/07 (3) 2010/06 (5) 2010/05 (13) 2010/04 (11) 2010/03 (6) 2010/02 (8) 2010/01 (10) 2009/12 (9) 2009/11 (28) 2009/10 (25) 2009/09 (28) 2009/08 (14) 2009/07 (15) 2009/06 (15) 2009/05 (15) 2009/04 (14) 2009/03 (12) 2009/02 (14) 2009/01 (13) 2008/12 (16) 2008/11 (23) 2008/10 (26) 2008/09 (20) 2008/08 (28) 2008/07 (28) 2008/06 (25) 2008/05 (29) 2008/04 (27) 2008/03 (30) 2008/02 (20) 2008/01 (21) 2007/12 (16) 2007/11 (44) 2007/10 (44) 2007/09 (59) 2007/08 (29) 2007/07 (31) 2007/06 (31) 2007/05 (59) 2007/04 (58) 2007/03 (40) 2007/02 (28) 2007/01 (28) 2006/12 (32) 2006/11 (30) 2006/10 (33) 2006/09 (7) 

■ 『 BORZOI 』からのお知らせ・・・コチラ   ■ リンク集・・・コチラ   ■ 御バブ様壁紙ダウンロード・・・コチラ

 



■ --/--/スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね








■ 10/30/DIARYおバカな答弁。

谷垣氏「鳩山内閣はご都合主義」=普天間見直し批判-衆院代表質問 ← 時事通信へ

↓以下全文↓

鳩山由紀夫首相の就任後初の所信表明演説に対する代表質問が28日午後、衆院本会議で始まった。

最初に自民党の谷垣禎一総裁が質問に立ち、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に関し

「鳩山内閣では約束違反・言行不一致が見受けられる。政権を取ったらがらりと変わるご都合主義が許されるのか」

として政府の姿勢を厳しく批判。

公約が実現できないときには責任を取るよう求めた。

首相は答弁で

「マニフェストは国民との契約だ。もし4年たって、国民の多くから政策を達成していないと思われたら当然、政治家として責任は取る」

と表明した。

自民党総裁が野党として質問に立ったのは1994年の河野洋平氏以来、15年ぶり。

谷垣氏は冒頭、衆院選敗北について

「常に与党という慢心があり、政権運営にそのおごりが表れていた」

と反省した上で

「民主党に将来を託すのは非常に危険だ。国会審議を通じて国政をただす」

と決意を示した。

首相演説について、谷垣氏は

「『マニフェスト』の文字が一言もなかった」

と疑問を呈し、政権公約が達成できない場合

「どう責任を取るか」

と迫った。

経済財政運営では、民主党が公約で、行政の無駄遣い削減で9.1兆円の財源をねん出できると明記していた点をとらえ

「そうであれば現段階で国債増発の議論など出てくるはずはない」

とけん制。

同時に

「自民党は消費税を含む税制抜本改革の道筋を先の通常国会で法制化した」

と強調しつつ

「財政健全化への姿勢が全く見られない」

と批判した。

外交面では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設見直しを検討していることを問題視。

「一歩間違えば日米の信頼関係に亀裂が生じ、安全保障政策が立ち行かなくなる」

と危機感を表明した。

さらに、首相の献金虚偽記載問題について

「国民が納得する説明」

を要求した。 

28日は谷垣氏に続いて自民党の西村康稔政調副会長、公明党の井上義久幹事長が質問に立つ。

 

所信表明演説へ対する代表質問。

この谷垣氏の代表質問に対するはとぽっぽのおっさんの答えったら、あーた!!

 

『 あ な た 方 に 言 わ れ た く な い 』

『 そ れ を 行 っ て き た の は ど ち ら の 政 権 か ? 』

 

の一点張りでしたね。

いやいや、その答えはなかろう、あんまりだ。

つか、答えじゃないじゃん、それ。

子供のケンカで使うセリフじゃん。

 

確かに、ケンカならこの答え方で十分だわね。

でもコレはケンカじゃない、大きな大きな勝負です。

ひとつの国の未来が、はとぽっぽ率いる民主党に託されてるわけです。

ちなみにワタクシは託した覚えはコレッポッチもございませんが、現在こうなってるのでこういう表現をしますけども。

その内閣総理大臣がですね、まるで低レベルなこの答え・・・。

 

質問された事に対して具体的に真摯に答えるのがおっさんの仕事じゃねぇの??

 

と、ワタクシは申し上げたい。

国民に同じ質問をされた時に

『だって今まで政権握ってきたのは自民党だし、ボクちゃんが悪いんじゃないもん~』

と、答えるおつもりなのかしら??

谷垣さんも、その辺突っ込んでよ!!

 

それにしても。

始まったのはいいですけど、こんな答弁を国民は期待してません。

コレについて 民主党小沢幹事長のおっさんは、谷垣禎一総裁ら野党3人の衆院代表質問を聴き、党幹部に

「再質問すればよいのに。(谷垣氏らは)根性ないなあ」

と感想を漏らしたそうですな。

はとぽっぽの答弁については

「ケンカを売っているようにならず、ちゃんと反論してよかった」

とほめたそうですよ(笑)

アレのドコがちゃんと反論してるんだか??

 

普天間の事だって、めっちゃ急がなきゃならんでしょ??

11月のオバマ大統領訪日までに米政府から決着を求められてるのに未だ迷走中な民主党。

みなさんそれぞれ別方向へ向かって迷走中なんですな。

 

『今最も厄介なのは、中国ではなく日本だ』

と、アメリカ国務省高官が発言されましたね。

この発言聞いた時、ワタクシはモーレツな不安に襲われました。

日米同盟が破綻しちゃったら・・・どえらい事になるんでしょうね。

 

はとぽっぽ率いる民主党は、オシッコちびるくらいにアメリカを困惑せているもようです。

ある意味スゴイわけですが、言っときますけど

『日本国民にとっても日本は厄介な国』

になろうとしてるのは明白です。

アメリカはすでにオシッコちびってますが、日本国民ももうすぐちびりますよ。

民主党のおかげです、おめでとうございます。

 

まぁ、ワタクシが民主党をほめるとするならば、いい意味でも悪い意味でも

『党内で攻撃し合う事がない』

という事ですかな。

最近では岡田克也外相の天皇お言葉見直し発言が問題になりましたが、亀井静香ちゃんにしろ、福島瑞穂のおばはんにしろ、はとぽっぽ自身にしろ、まぁ~自由奔放でやりたい放題で言いたい放題ですわ(笑)

マスコミもマスコミでこの人たちを野放しにしてるしね~。

いくらなんでも生温かすぎじゃね??

 

ソレに比べて自民党は、自分たちが選んだリーダーの麻生さんを、自分たちで降ろそうとして一生懸命だったもんなぁ。

あれは醜かった、マジで。

自民党はあの時、麻生さんがどれだけの偉業を成し遂げてきたかという事をアピールして、麻生さんを援護するべきだった。

自民党が団結して偏ったマスコミ報道と戦って、麻生さんを援護して麻生さんをもっと盛り上げていく姿が国民に届く事があったら・・・。

選挙であんな負け方はしなかった・・・と、思うワタクシでございます。

 

しかし、もう過去の事をとやかく言っても時間は戻せません。

これからの未来をちゃんと考えていかなきゃ。

 

はとぽっぽのおっさんに言っときますが。

今回のような、おバカなケンカで使う頭悪そうなセリフはですね。

 

2 度 と 使 う な よ 。

き っ ち り 質 問 に 答 え な さ い よ 。

わ か っ た ? ? ? ?

 

以上!

 

 ブログランキング→ にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ ←1日1回クリック応援してね









 

 

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

 

    1日1回クリックしてね

ページビューランキング